【タイプ別】チャーガ茶の選び方~塊からサプリメントまで【おすすめ】


tea-1284366_1920出典元:pixabayチャーガ茶を飲みたい。

スーパーフード・チャーガの効能を知った人が次々にチャーガを求めています。でも、どのチャーガを選べばいいのか迷いませんか?

チャーガ茶の効果効能については『チャーガ茶の効果・効能と飲み方についてまとめました。』に詳しく書かれています。

これから紹介するのは様々なタイプのチャーガです。チャーガは昔から煎じて飲まれてきました。お茶が一番手軽な摂取方法なのですね。今回は、そんなチャーガ茶の種類や、選び方、どんな人におすすめなのかをまとめてみました。

▼この記事は、次のことについて書かれています。

※気になる項目をクリックorタップするとジャンプします。

手に入れることのできるチャーガの種類

tea-1132529_1920

出典元:pixabay

市販されているチャーガは以下の6種類に分けることができます。

  • 粉砕(チップ状)
  • 粉砕(ティーバッグ)
  • 粉末
  • エキス
  • サプリメント

それぞれ、特徴と飲み方について一覧表にしてみました。

粉砕(チップ) 粉砕(ティーバッグ)  粉末 濃縮エキス サプリメント
値段 安い 中~高  高い 高い 高い
飲みやすさ  ☓
続けやすさ  △ ◎※ ◎※
抽出度 調節可能 調節可能 多少調節できる 調節可能 一定 一定
チャーガ含有度 100% 100% 100%  100% 商品による 添加物あり
保存性 悪い 一般の茶と同じ 一般の茶と同じ  長め 長め 長い
オススメ度 ☆☆ ☆☆☆ ☆☆☆ ☆☆

※手軽で続けやすいが、値段がネックになる人にとっては続けにくい

この表から、タイプ別のおすすめは次の通りです。

タイプ別!おすすめのチャーガはコレ!

天然素材!手間は惜しみません!なんなら山まで取りに行くよ!!タイプ

迷わず『塊』でしょう。その、本物志向と手間を惜しまない姿勢は圧巻です!ぜひこのチャーガをほぐす動画「カバノアナタケの捌き方」を参考にしてください。

チャーガ(カバノアナタケ)の塊は商品として購入するのは困難です。それは、天然もののチャーガを採取するには、奥深い山を1日歩き回ってやっと1個見つけることができる、という確率だからです。

ですが、他人の山に勝手に入って採取してはいけません。一般に手に入れることは不可能に近いのです。

『塊』のチャーガを販売しているのはここ。
北海道産 カバノアナタケ500g 価格10,000円
チャーガ健康園:チャーガ 250g 価格 6,900園

北海道では、たまに道の駅のようなところで売られていることがあるそうですよ。

手間を掛けるのは嫌!高いのも嫌!なタイプ

tea-785053_1920

出典元:pixabay

お茶パックに自分で詰めて量を調整したい・そのまま煮出したい派

『チップお得パック』がおすすめです!100g~500g入ったものが売られています。2L煮出すのに必要なチャーガは好みにもよりますが3~5g程度がよいでしょう。煮出していくと多少の粉が沈殿します。

また、パックに入れないと、細かいチャーガが混入します。気にならない人はチップのみの形状がお得ですね。

お茶パックなどに詰め替えるのをいとわない人にもおすすめです。チップタイプのチャーガならこちらのような商品があります。

さくら野のチャーガ 100g 価格:2,200円

お茶パックに詰める手間は嫌!パッと出してサッと使いたい派

tea-557447_1920

出典元:pixabay

チップタイプのチャーガを2g、3g、5gと、すでに詰められているティーバッグタイプをおすすめします。便利で使いやすいです。

2g:お湯を注いですぐ飲みたいときにおすすめ。あまり濃く出ることはありません。
マグカップで飲む場合は数回抽出できますが、薄めです。

原料屋:チャガティーパック 価格:2,057円

3g:お湯を注ぐのも、煮出すのもOK。煮出す場合は1~2Lで煮出すことができます。

デトックチャーガティー 価格:3,980円

2,3度煮出すことができます。(徐々に薄くなります)

5g:濃く煮出したい人向き。
濃く作って、氷で薄めるのもおすすめですが、5分程度煮出すとかなり濃く出るので、調整が必要です。何回か煮出すことができます(徐々に薄くなります)

5gのティーバッグを扱うお店は少ないです。5gで使いたい場合は、2g、3gを2個入れるかチップタイプを自分で小分けにして使うのが良いでしょう。

ちなみに、私のおすすめは、3gです。

チャーガ3gをおすすめする理由

マグカップで一回きり飲みたいなら2gがいいのですが、チャーガは元々煎じて飲む飲み物です。また、煎じることで、お湯を注ぐだけのものよりも成分が濃くなるのでぜひ煮出して飲んでほしいと思います。

もちろん2gでも2Lのやかんで煮出すことができるのですが、2度目はかなり薄くなってしました。3gだと、2度目でも十分な濃さでいただくことができました。

これは、個人的な感想ですので、お茶の濃さの好みに合わせていただければ良いと思います。我が家はお茶飲み家族なので、1日に2Lを2回煮出せる3gを愛飲しています。

3gのチャーガならこちらがおすすめです。

デトックチャーガティー 価格:3,980円

いつもの飲み物にちょい足しタイプ

粉末タイプであれば、好きな飲み物に混ぜて飲むことができます。しかし、粉末タイプは苦味を感じる人が多く、元々煎じて飲むものなので、そのまま飲むのはおすすめできません。

そのかわり、粉末は食べ物に混ぜて使うことができます。チャーガのすべてを摂取したい場合はおかしや料理にお使いいただくといいでしょう。

お値段は気にならないタイプ・お茶は飲まないタイプ

こういう人におすすめなのは、サプリメント・濃縮エキスです。濃縮エキスの場合、液体状、ゼリー状、リキッド状など、幾つかの形状があります。お好みで飲みやすく続けやすいものがよいでしょう。

天然白樺チャーガ 20ml×30パック 価格:59,800円

こちらの天然白樺チャーガは酵素の力で普通のチャーガよりも吸収されやすいんだそうです。
液体なので飲みやすいです。

チャーガのお酒を飲みたいタイプ

霧島酒造から「黒宝霧島」というチャーガ酒が発売されています。ですが、限定販売なうえ、人気なので、手に入れるのは難しいようです。気になるようでしたら、一度チェックされてみてはいかがでしょうか?

黒宝霧島の詳細ページ

チャーガを買う人はどんな人?

チャーガを飲んでみようとする人はどんな人なのでしょうか?

一般的な感想などからまとめてみました。

  • ご家族が入院されて、健康茶を求めている人
  • ご本人が日々のよりよい生活を期待されている人
  • 毎朝のお通じの改善を期待されている人
  • デトックスの効果を期待されている人
  • ノンカフェインの飲み物を探している人
  • 美肌効果を求めている人
  • SOD(スーパー・オキシド・ディムスターゼ)がたっぷり取れることに魅力を感じている人

チャーガ茶を愛飲している人の体験談がこちらの記事『チャーガ茶(和名 カバノアナタケ)を飲んだことがある38名の口コミ・体験談』で読めます。

まとめ

tea-1771369_1920

出典元:pixabay

いかがでしたか?自分のタイプに合ったチャーガは見つかったでしょうか?

個人的に、塊を細かく砕いていく様子はとても興味深かったですが、わたしにはできないな、という印象でした。

チャーガは、どういう形にせよ、毎日摂取することで体にいい影響をもたらしてくれると思います。

そうなると「お茶で飲む」というのが、私の選択になりました。無理なく続けるためには普段から必ずやっていることに取り込むことが失敗しないコツではないかと思います。


この記事を書いた人
書いた人AAKO:40才を過ぎた途端に体力の衰えを感じだした主婦。日々の食事の中で取り入れられるものがあれば即実行しています。特に、免疫力を上げる食事に興味があります。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう