混同されがちな緩和ケアとホスピスの違い:同じ意味で使われることもありますが、厳密には異なるものです

緩和ケアとホスピスの違い

緩和ケア ホスピス

世界トップクラスとも言われている日本人の長寿命。その長さの要因のひとつが、成長著しい日本の医療技術の発達です。

しかし、医療技術が発達するにつれて、延命装置の機器やチューブにつながるなどの「人間らしさ」を軽視したような延命治療に対する疑問の声が上がってきています。

緩和ケアやホスピスは、そんな医療現場から注目されている医療ケアです。

そこで今回は、緩和ケアやホスピスの特徴や、それぞれの違いについてご説明します。

そもそも緩和ケアとはどんなもの?

緩和ケア ホスピス

最近、テレビなどでふと耳にすることのある「緩和ケア」。緩和ケアというと、病気の治療ができなくなったときに行われる医療ケアと考えている人も多いのではないでしょうか。

緩和ケアは、命にかかわる病気の患者さんとその家族を対象に、体や心の痛み、苦しみに対してアプローチし、生活の質を上げようとするケア方法です。

緩和ケアは重い病気で余命宣告された患者さんと家族が対象とも思われがちですが、本来は病気の種類にかかわらず、すべての病気やステージの患者さんに対して行われるべきケアです。

緩和ケア ホスピス

世界で緩和ケアが重視されている一方で、日本では緩和ケアに関する認知はまだまだ低く、医療サービスの整備も発展途上の段階です。

たとえば、国内における診療報酬に基づく緩和ケアの対象は、がんとエイズの患者さんのみと限定されています。

この先、日本の高齢化がさらに進むことから、病気の苦しみを取り除くための緩和ケア整備が早急に必要とされています。

ホスピスとはどんなもの?

緩和ケア ホスピス

緩和ケアよりも一般的な認識が高いのがホスピスでしょう。

人生最期の時を過ごす場所や、死を待つ場所だとイメージする人も多いでしょう。実際に、ホスピスは病気により死期が迫っている患者さんとその家族に対するケア方式です。

最近では、死期の近い患者さんが過ごす施設そのものをホスピスと呼んだりもしています。

一方で、ホスピスというとネガティブなイメージや宗教的なイメージがあることから、ホスピスと緩和ケアが同じ意味合いの言葉として使用されているケースも多く見受けられます。

緩和ケア ホスピス

これまで日本の医師は「病気を見て患者を見ない」と揶揄されてきたように、日本の医療では、患者さんの寿命を少しでも長くすることだけに重点が置かれていました。

そのため、患者さん本人やその家族の「人間らしさ」について忘れてしまうことも。

ホスピスでは、死を自然に訪れる現象として捉え、無理に延命するのではなく、苦痛を取り除きながら、残りの人生をサポートしていこうという考えに基づくケアです。

緩和ケアとホスピスの違い

緩和ケア ホスピス

似たような言葉として混同されがちな「緩和ケア」と「ホスピス」。この2つの言葉は同じ意味で使われることもありますが、厳密には異なるものです。

緩和ケアとホスピスの大きな違いは、ケアを提供する対象です。

一般に緩和ケアは、命を脅かされている全ての治療段階の患者さんが対象となるのに対して、ホスピスでは余命が宣告されて、死期が近づいてる患者さんが対象となります。

つまり、緩和ケアの一部がホスピスにあたると考えるのが良いでしょう。

ただ、日本のがん拠点病院に設置されている緩和ケア病棟に入院されている患者さんは、余命がわずかな人がほとんどなのも事実です。

現状では、日本の緩和ケア病棟で行われている緩和ケアは、ホスピスの役割を兼ねていると言えるでしょう。

日本におけるホスピス・緩和ケア

緩和ケア ホスピス

日本でホスピスまたは緩和ケアは、医療機関にある緩和ケア病棟に入院するか、一般病棟で緩和ケアチームの回診で受けることができます。

緩和ケア病棟のある医療機関は、がん拠点病院など厚生労働省の指定の医療機関になります。

医療機関の緩和ケア病棟の多くは、がんにより余命がわずかである患者さんが大半を占めます。緩和ケア病棟では積極的な治療は行われず、痛み止めなどの対症療法が行われます。

もうひとつ、医療機関で受けられる緩和ケアが、緩和ケアチームの回診です。

緩和ケアチームは専門医やその他の職種により成り立っており、患者さんの体や心の痛みに対してケアされます。

その他にも医療機関のなかには、緩和ケア外来を開設している医療機関もあります。緩和ケア外来のある病院では、退院後でも患者さんは緩和ケアを受けることができます。

日本の緩和ケア・ホスピスの問題点と今後の展望

緩和ケア ホスピス

本来の緩和ケアは、病気の種類や進行に関わらず、どの患者さんでも受けられるものです。

世界的な緩和ケアでは、緩和ケアは命に関わる病気にかかってる患者さんが対象であるため、特定の病気を指定するものではありません。

しかし、現在の日本では、緩和ケアを受けられる患者さんの病気(がん・エイズ)が指定されています。がんとエイズ以外の患者さんは、緩和ケアを受けられませんでした。

今後は、緩和ケアのニーズの広がりにともない、循環器の病気をはじめとする緩和ケアの対象となる疾患も広がっていくと考えられます。

また、日本の緩和ケアで足りていないのが、医療分野以外の専門職です。

アメリカなどの海外では、緩和ケアに牧師などの宗教の専門職が介入し、患者さんのスピリチュアルにかかわるケアもなされています。

緩和ケア ホスピス

一方で、日本ではまだまだスピリチュアルのケアはほとんど行われていません。

このことは日常生活に宗教的な慣習はあるものの、無神教ともいえる日本人ならではの特徴とも言えるかもしれません。

とはいえ、病気で死を意識することは、患者さん本人の死生観も大切な要素です。スピリチュアルな面でのケアは、日本の緩和ケアにおける今後の課題とも言えるでしょう。

これから注目されている在宅ホスピス

緩和ケア ホスピス
近年では、病気で亡くなる場合、自宅ではなく病院で亡くなるケースが大半を占めています。

しかし、がんなどの治療で長期に入院されている患者さんの中は、人生の最期を自分の家で過ごしたいと考える人も少なくありません。

日本の高齢化にともない国の予算における医療費が大幅に膨らんでいることもあり、注目されているのが在宅ホスピスケアです。

在宅ホスピスケアでは、家族が中心となって患者さんをみる必要があるため、今後の地域医療の整備の充実が重要な課題です。

緩和ケア ホスピス

在宅でも最低限の医療を受けるためには、定期的に診療や看護が受けられる体制が必要です。また、緊急時の対応についても、地域の医療機関と連携できることがポイントになります。

いまのうちから、私たちひとりひとりが、最期を迎える場所について考えていくことも大切になるでしょう。

まとめ

緩和ケア ホスピス

死などネガティブなイメージがある「緩和ケア」と「ホスピス」。

両者の意味合いはわずかに異なるものですが、最近では同じ意味の言葉として使用されているケースも多くあります。

緩和ケアのホスピスの両方も、患者さんとその家族の「人間らしさ」を重視しているものです。緩和ケアのホスピスについて知れば、自分の死生観を深めるきっかけにもなるでしょう。


ライター名 :江波明子
プロフィール:都内の病院で勤務した後、現在は育児のかたわら、医療・健康分野を中心にライターとして活動しています。看護師ならではの分かりやすい記事を心がけています。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう