【癌への効果】チャーガはガンとの闘いにどのように役立つのか【カール・マレット博士講演:翻訳記事】

チャーガが認知されれば、世界は癌に勝てるかもしれない

チャーガ

「チャーガが従来のガン治療に比べて多くの利点があるのは間違いありません。最も顕著な利点は、チャーガが健康な細胞に害を与えることなくガン細胞を殺す可能性があることです」

主要な医薬分野でチャーガが適切な認知を得られさえすれば、ガンは現在のような難病ではなくなるかもしれません。

現在では多くの方法でガン治療を受けることができますが、依然としてこの病気は、毎年世界中の何千人もの命を奪っています。

チャーガがガンと戦う能力について研究者たちが着目し、近年では多くの研究が行われています。そして、多数の研究成果が、その有効性を証明しています。

チャーガ

このキノコがガン患者にできることを世界に垣間見せたのは、アレクサンダー・ソルジェニーツィンの「ガン病棟」という本でした。

この本を読んだ多くの医学研究者が、シベリアまで行って主張の妥当性をチェックしました。

その結果、ある医学チームは、対象地域のいずれの病院でも、1人のガン患者もいないことを発見しました。

その地域で暮らすロシア人の農民は、コーヒー代を節約するため、コーヒーの代わりにチャーガキノコを醸造して飲んでいることがわかりました。

彼らはチャーガ茶により、意識せずにガンを治療していたのです。

チャーガとは

チャーガ

チャーガ(カバノアナタケ)とは、タバコウロコタケ科の真菌です。

チャーガは自然界で最も古い記録に残っていて、最も尊ばれているハーブの一つです。

アジア圏では「ハーブの王様」「神からの贈り物」「不滅のキノコ」と呼ばれていて、アジア全域では数世紀にわたり賞賛されています。

チャーガは細かい粉末に粉砕され、コーヒーや紅茶に似た飲み物として利用されています。

医薬用途のチャーガでは、生体活性成分を人体で利用可能にするために、何らかの抽出プロセスが必要となるでしょう。

このキノコは通常、収穫できるほど成熟するまでに20年かかります。そう考えると、ガン細胞を殺すための強力な化学物質が含まれているというのは、そう驚く話ではありません。

チャーガは、実際にこれらの物質を、自生の樹木の樹幹や樹皮から得ています。

チャーガの強力な抗菌物質を医学研究チームが発見

チャーガ

前述の医学研究チームは、シベリアの自生樹林に存在している病原体の総量が、現代のクリーンな手術室に存在する病原体よりも大幅に少ないことを発見しました。

幹の樹皮や樹皮の抗菌物質は、非常に強力です。幹が完全に腐った後でも白い色をしていますが、これらは、チャーガが収穫されるまでに樹木から栄養素を吸収したことを表しています。

樹木に自生する栄養素のすべてがチャーガに移行されるため、チャーガの収穫後には、カバノキの樹木は通常、枯れてしまいます。

ガンに有効なチャーガの化学物質

チャーガ

チャーガには、ガンに対して非常に有効な薬剤となる組成があることを決定づけた化学分析がいくつかあります。これらの化学物質は次のとおりです。

・多糖類/ベータグルカン – これらはチャーガの主な有効成分です。キノコの炭水化物でエネルギーレベルが上昇し、脳や肝臓の機能が向上します。

・ベツリン / ベツリン酸 – これらはガン細胞を殺す化学物質です。研究では、体の健康な細胞には害な影響を与えないことも示されています。

・フィトステロール、ラノステロールおよびイノトジオール – 植物化学物質およびフェノールは、有害な微生物の増殖を止めることができます。

・メラニン – 全ての薬用キノコや他の天然物質の中でも、チャーガが最高レベルである抗酸化作用のある化学物質です。

これらの強力な科学物質は、チャーガが効果的なガン治療薬に成り得る理由となっています。

チャーガがどのようにガンを抑制するのか

チャーガ

最近の研究により、チャーガがどのように作用してガン細胞の増殖を抑制するかが分かってきました。これらの研究は、このキノコの2つの抗ガン性を明らかにしました。

・チャーガには大量のスーパーオキシドジスムターゼ(SOD)があります。健康でありつづけ、病気を退けるためには、この物質のレベルを高くする必要があります。

しかし、私たちの体内のこの物質の量は、年を取るにつれて減少します。そのため、チャーガを摂取することによって、そのレベルを維持する必要があるのです。

ビタミンC、A、E、コエンザイムQ10、スピルリナ、ブドウ種子エキス、ベータカロチン、エッセンシャルオイル、バイオフラボノイドよりも、チャーガは大量のSODを含んでいます。

チャーガは、より多くの抗酸化能力を持っています。 SODが1,400から1,500しかない他の薬用キノコに比べ、チャーガには35,000のSODが存在します。

・チャーガの活性酸素吸収能力(ORAC)は、エッセンシャルオイルの中でも最高評価を得ているクローブオイルの4倍あります。

クローブオイルには、1mlあたり約10,786,875のORACがあります。

ヨルダン・K・ジアヴィオニー教授による研究発表

チャーガがどのようにしてガン細胞の増殖を抑制できるかを示した。ひとつの具体的な事例研究があります。

2004年1月22日、米国化学協会とアメリカ薬理学会(American Society and Pharmacognosy)が、ミシシッピ大学薬学部のヨルダン・K・ジアヴィオニー教授による研究を発表しました。

この研究では、チャーガに含まれている化学物質が、新しい抗生物質の良い供給源となるための、強い抗菌活動を行っていることが明らかになりました。

チャーガ

さらにこの研究では、抗ウィルス性、細胞傷害性および抗新生物性の活性を示す多くの化合物が存在するとも述べています。

その抗ガン特性に関して、この研究はまた、これらの化合物が、発ガンを予防する免疫増強剤として機能する生物学的応答修飾物質、すなわちBRMとして作用することを示しました。

したがって、チャーガは直接的な抗ガン作用を示し、また転移を予防する可能性も持っています。

こうした実験すべての肯定的な結果から、チャーガがガンの治療に効果的に使用できることは間違いありません。

チャーガを使ってガンと闘うための方法は、以下のとおりです。

チャーガを使用することにまだ確信が持てない人は、従来のガン治療の補助剤として使用できます。

チャーガには化学療法の副作用を緩和する作用があることが判明しています。また、標準的ながん治療の有効性をも高められることが判明しました。

すでにチャーガの有用性を確信している人は、チャーガを治療の唯一の形態として使用することができます。

アレクサンダー・ソルジェニーツィンの「ガン病棟」に記述されているように、たとえガン治療の唯一の形態であっても、治療のためにチャーガを使用することができます。

チャーガ

しかし、チャーガを実際にガン治療に活用し、どのように摂り入れていくかについては、主治医の専門的な医学的助言を求める必要があります。

医療機関の指導や監督がなければ、チャーガを使用しないでください。主治医の適切なチャーガ治療プランによって、ガン治療における安全性と成功が保証されます。

ガン患者の治癒に役立つ完全に安全なガン治療剤

チャーガ

疑いようもなくチャーガには、標準的なガン治療に対する多くの利点があります。

最も顕著な利点は、チャーガが健康な細胞に害を与えずに、ガン細胞だけを殺すことができるという点です。

チャーガは間違いなくガン細胞を殺すことができます。そして、ガン患者の命を延ばすだけでなく、がんのない生活を確実にすることができます。

安全であり、化学療法や放射線治療のような副作用を残さずにガンの治療を行うことができるのです。

この生産物 チャーガを使用するのを恐れてはいけません。ガン患者の治癒に役立つ、完全に安全な治療剤なのです。

チャーガ

チャーガの背後にある科学

科学アドバイザーおよびエネルギー医学専門家のカール・マレット博士は、チャーガ・インターナショナルの野生のシベリア・チャーガ抽出物の中に発見された自然の恩恵について語っています。

チャーガ

カール・マレット博士講演 参照情報:

キノコからの抽出物および化合物の抗炎症および抗ガン活性

カバノアナタケ:

https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/23561137

チャーガ薬用キノコの子実体から単離された1画分の抗ガン効果:

https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/22135889

カバノアナタケの経口投与された水性抽出物は、マウスのデキストラン硫酸ナトリウム(DSS)誘発大腸炎における急性炎症を改善する:

https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/22819687

肉腫マッシュルーム(カバノアナタケ)抽出物の純粋化合物を含有するヒトガン細胞および肉腫-180細胞を保有するBalbc / cマウスの亜分画の抗ガン活性:

https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pmc/articles/PMC2895696/

チャーガ – スーパー食材キノコ

「Chaga Mushroom,An Immune Enhancing Superfood」ビデオクリップでは、チャーガがなぜ腫瘍増殖を抑制する、潜在的な可能性を持った有益なスーパーフードなのかがわかります。

チャーガ

「Chaga Mushroom,An Immune Enhancing Superfood」参照情報

・チャーガは伝統的に細かい粉末に粉砕され、コーヒーや紅茶に似た飲み物の醸造に使用されています。

・チャーガキノコの抽出物に関する実験室研究は、抗酸化剤、免疫療法、および抗炎症剤として、ガン治療の将来の可能性を示しています。

・カバノアナタケの健康影響に関する研究では、その抽出物が腫瘍の成長や増殖を妨げ、免疫系にプラスの効果を及ぼし得ることがわかっています。

チャーガ


翻訳元サイト
How Chaga Can Help In The Fight Against Cancer

https://www.disabled-world.com/fitness/nutrition/chaga.php

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう