癌と戦うための6つの薬用キノコ【海外医師の記事翻訳】

不滅のキノコ 古代中国のハーブからの現代医学

薬用キノコ

薬用キノコおよびキノコ抽出物は、癌と戦い、免疫応答を増強および調節するために世界中で使用されています。

シイタケ、マイタケ、マンネンタケ、および冬虫夏草は、アジアの一部地域で何千年もの薬用の歴史があります。

これまでの研究により、キノコは抗癌、抗ウイルス、抗炎症および肝保護作用を有する可能性があることが分かってきています。

今回は、多糖類とベータグルカンが豊富に含まれていて、世界で最も研​​究されている6つの抗癌キノコと、それぞれの主要な活性免疫強化成分をご紹介します。

薬用キノコ

ガーノーダーマー・レイシ

薬用キノコ

レイシは、生命力、体力、スタミナを向上させ、人生を延ばすために伝統医と現代医学のがん治療に使用される漢方薬の一つです。

レイシは免疫反応を高め、吐き気や腎障害などの化学療法の副作用を緩和し、抗酸化能を高めることによって細胞DNAを保護します。

シイタケ

薬用キノコ

シイタケは、多くのアジア料理に使われる柔らかくておいしいキノコです。そして、薬用キノコの一種でもあります。

シイタケにはAHCC(活性ヘキソース相関化合物)と呼ばれるグルカンが含まれており、免疫増強機能のために日本のがんの代替治療法として広く使用されています。

シイタケで発見された化合物であるレンチナンは、抗腫瘍特性を有する静脈内の抗癌剤として使用されています。

臨床試験では、レンチナンを投与したがん患者の生存率が高く、生活の質も向上し、さらにがんの再発率も低くなっていることがわかりました。

コリオラス・バーチカラー

薬用キノコ

コリオラスは世界で最もよく研​​究されている薬用キノコの一種です。トルコのテールは何世紀にも渡って強壮剤として中国医学に使われてきました。

最近の研究では、コリオラスががん患者の生存率を増加させ、免疫刺激性および抗腫瘍性を有する免疫モジュレーターとして作用することが判明しました。

さらにいくつかの研究では、コリオラスが化学療法がん治療の効果を高め、放射線療法の副作用を減らすことができることを示しています。

冬虫夏草

薬用キノコ

冬虫夏草は、がんやウイルスと戦うT細胞やナチュラルキラー細胞を増やし、白血球の寿命を延ばすことによって免疫刺激剤として働き、感染の解決を改善します。

抗腫瘍特性を示し、化学療法副作用から腎臓を保護する役割がよく知られており、中国医学の抗癌製剤で最も広く使用されているトニックのひとつです。

マイタケ

薬用キノコ

マイタケは、伝統的な中国と日本の医学で免疫系を強化するために使用されています。日本料理の主要なキノコの一つでもあります。

研究によれば、感染と戦う自然免疫応答と長期間の免疫増強をもたらす適応免疫応答の両方を高められることが示されています。

マイタケはまた、抗酸化特性を有する細胞を保護し、炎症性因子COX2酵素を癌生理学において一般的に減少させます。

さらに研究の成果で、マイタケは、がんの増殖および広がりを阻害する潜在的な抗転移特性を有することが判明しました。

カバノアナタケ・チャーガ

薬用キノコ

チャーガキノコは、ロシアおよび東ヨーロッパ伝統医学の薬用キノコとして使用されています。さらにチャーガは潜在的抗癌剤として研究されてきました。

チャーガは、ベツリン酸の前駆体であるベツリンを含有しており、これは癌促進酵素のトポイソメラーゼを阻害することが示されています。

薬用キノコ

ベツリン酸は、アポトーシス、またはプログラムされた細胞死の自然な進行を促進することによって、皮膚、脳、卵巣および頭頚部癌に対して活性であることが見出されています。

がん細胞は、この自然のライフサイクルを経ず、不死化して死ぬことはありません。

おわりに

これらの研究成果は、FDAによって評価されているものではありません。

そのため、本記事はいかなる疾病の診断・治療・治癒または緩和を目的としたものではありません。本記事を参考にして医療上の決定を下す前には、必ず医療機関に相談してください。

薬用キノコ

参考文献

チャガ薬用キノコの子実体から分離された画分の抗癌効果、イノーノーチューソブリクァズ ピーラート(アフィロフォーローマイセティディーエ・イン・ビトロー)研究

レミエスゼック・エム・ケー・ラングナー・イー・カーチャー・ジェー・キャンデファー・スザースゼンム・セーネカー・ビー・マザーケビッチ・ダブリュー・ルゼスキー・ダブリュー

イント・ジェー・メッドのキノコ 2011; 13(2):131-4

モンロ、ジェアン(2003)。”キノコ製品による癌の治療”。環境保健アーカイブ:国際誌58(8):533-7。doi:10.3200 / AEOH.58.8.533-537.PMID 15259434

ボーカーズ・アー・ティー・クリシュナーマーシー・アーキーン、CL; Meyers、FJ; ガーシュウィン、ME(2008)。”キノコの免疫生物学”。実験生物学と医学233(3):259-76.doi:10.3181 / 0708-MR-227。PMID 18296732。

シャー・エス・ケー、ウォーカー・ピー・アー・ムア、オリューフェミー・エス・ディー、サンデーレサン・アー、カルカーニー・アー・ディー、アンドラシー・アー・ジェー、(2011年)。”外科的腫瘍学患者における相補的治療としてのレンチヌラエキスのキノコ抽出物のエビデンスに基づくレビュー”。ジャーナル・オブ・パレンテラル・アンド・エンテラル・ニュートリション
35(4):449-58

ヒョードー・アイ、アマーノー・エン、エガッチー・ケー(2005)。「日本のがん患者の補完代替医療に関する全国調査」。Journal of Clinical Oncology 23(12):2645-54.doi:10.1200 / JCO.2005.04.126。PMID 15728227

“マイタケキノコ”補完代替医療:食事と栄養。アメリカ癌協会。2008

Zhu JS、Halpern GM、Jones K.貴重な古代中国の薬草制度の科学的再発見:冬虫夏草類、パートI. J Altern Complement Med 1998; 4:289-303

朱JS、Halpern GM、ジョーンズK.貴重な古代中国の薬草制度の科学的再発見:冬虫夏草、パートII。J Altern Complement Med 1998; 4:429-57

Wong CK、et al。健康被験者におけるYun ZhiおよびDanshenカプセルの免疫調節効果 – 無作為化、二重盲検、プラセボ対照、クロスオーバー試験。Int Immunopharmacology 2004; 4:201-211


翻訳元サイト
Six Cancer-Fighting Medicinal Mushrooms

https://www.huffingtonpost.com/nalini-chilkov/cancer-foods_b_1192207.html

by Dr. Nalini Chilkov

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう