チャーガキノコとがん:科学は何を伝えたい?【翻訳記事】

世界の科学者が注目するチャーガの研究レポート

チャーガ

チャーガは、いま最も広く研究されている薬用キノコの1つです。

寒さやインフルエンザの季節に身体を強く保つ手段として、世界中の人々が日常的にチャーガ茶を飲んでいます。

チャーガ抽出物の健康上の利点は、1,600以上の科学論文で調査されています。多くの研究では、チャーガが免疫システムを強化し、抗酸化剤として機能する能力に焦点を当てています(Glamočlija、2015)

チャーガの研究ではまだ被験者の人間の臨床データが存在しません、しかし興味深いことに、科学者が積極的に調査しているチャーガには、予備データとして新しい健康面があります。

チャーガ

この予備データは、チャーガが特定の癌と戦う能力を示唆していることより、この研究が予備的であることを強調しています。

それは、抗腫瘍およびアポトーシス促進の結果を示すいくつかの興味深い細胞培養および動物研究です。これらのレポートは大変興味深く、探求する価値があると考えられます。

チャーガキノコとがん

チャーガ

植物・真菌・または合成薬ががんと戦うことができることを証明する場合には、一連の実験が必要です。チャーガエキスを考えながら、このプロセスを歩みましょう。

まず抽出物が細胞培養の癌細胞を減らせることを示す必要があります。これらは実験室環境で、プラスチック皿で増殖する細胞で実験が可能です。これらを細胞培養実験といいます。

これらの細胞培養実験が肯定的な結果を示したら、同様の抽出物が動物で増殖している腫瘍を縮小できるかどうかを調べます。マウスなどを使ったこの研究は動物研究と呼ばれています。

実験対象の抽出物が動物の腫瘍を減少させるのに有効なことが判明し、マウスに対しても毒性がない場合、ヒト患者に対する実験を検討することができます。これがヒトの臨床試験です。

これらのステップを踏むには、多くの手間とコストがかかります。特に臨床試験です。

チャーガの癌に対する効果については、臨床試験は実施されていません。しかし、細胞培養および動物実験を用いて、チャーガおよび癌を探索する実験結果は公表されています。

以下、これらの実験結果の一部を簡単に要約します。

細胞培養実験

チャーガ

2つの別々のグループのシャーガス抽出物が皿の中で成長しています。これは癌細胞と戦う能力を探っているのです。

これらの細胞培養実験を行っている間、両方のグループは、チャーガがBcl-2遺伝子活性を変えることができることも観察できました。

チャーガを抽出物で処理したときに、プラスチックシャーレ内で増殖する神経細胞腫細胞が阻害されました。神経細胞腫細胞は、癌性になったニューロンまたは脳細胞です。

チャーガ抽出物がこれらの癌細胞の増殖を阻害することを観察した後、研究者らはBcl-2の発現を測定しました。

Bcl-2は、癌の進行において非常に重要な遺伝子です。とりわけ、この遺伝子はアポトーシスとしても知られる細胞自殺を予防する事が出来ます。

チャーガ

私たちの体にはある程度の細胞自殺が必要です。アポトーシスは、健康を維持し、腫瘍の増殖を抑制するのに役立ちます。

したがって、チャーガがBcl-2を抑制または下方制御できる場合、チャーガが腫瘍と戦うのを助けることができるという良い指標を示しています。

ヒト結腸癌細胞における細胞培養結果

チャーガ

別のグループは、ヒト結腸癌細胞において同様の細胞培養結果を報告しました。1.0mg /mlのチャーガ抽出物が、結腸癌細胞増殖に対して56%の阻害をもたらすことを見出しました。

遺伝子発現の変化を見ると、このグループもBcl-2のダウンレギュレーションを観察しました。

抗アポトーシス遺伝子のダウンレギュレーションは、チャーガ抽出物が哺乳類細胞を腫瘍の戦い様式に移行させるのを助けることができると示唆しています。

生きている動物の研究

チャーガ

細胞培養実験の後、さらに彼らは生きた動物に対して実験を行いました。

細胞培養に関して、このグループは、チャーガ処理がB16マウスメラノーマ細胞の増殖および発達を遅らせることを示しています。

B16細胞は、メラノーマの発達を研究するために日常的に使用されています。

メラノーマは、メラノサイトと呼ばれる我々の色素性皮膚細胞の癌であり、 培養中のB16細胞で陽性結果が見られた後、この群で動物実験を行いました。

実験として、彼らはチャーガ水抽出物がマウスの生存腫瘍を減少させる能力を試験しました。

健康なマウスにB16メラノーマ細胞を移植し、黒色腫細胞移植によってマウスの腫瘍塊の成長を引き起こしました。

その後、20mg /kg/日のチャーガ抽出物を投与すると、マウスの腫瘍の増殖が有意に減少することが観察されました。

動物の腫瘍実験は、他のグループによって繰り返される必要があります。しかし、チャーガの抽出物が生きている哺乳動物の腫瘍を縮小させることができたのは、大変興味深い結果です。

チャーガ抽出物に秘められた可能性

チャーガ

上記の3つの研究レポートについて考えた結果、私はそれがチャーガ抽出物の大いなる可能性につながることが分かりました。

異なるタイプの培養細胞における癌の増殖を減少させる

抗アポトーシス遺伝子であるBcl-2のダウンレギュレーションを誘導する

生きている動物モデルの腫瘍を減らす

エスノーハーバリストのドクター・ケビン・カーランデのデータでは、他にも多くの健康関連記事を見つける事ができます。

冒頭で述べたように、これらのレポートはすべて予備的なデータです。チャーガとがんについて決定的な事実を明言できようになるには、その結果を臨床試験で繰り返す必要があります。

この研究ラインが、今後どのように発展していくのかが非常に楽しみです。

チャーガ

参考文献:

グラモクリッジャー・ヤスマイナー “医薬品”キノコ “であるチャガ(イノーノータズ・オブリクァズ)の化学的特徴付けおよび生物学的活性。”民族薬理学の記録162(2015):323-332

イ・ソンハク、イ・ヘンサン、黄ジョンウォン。 “キノコの水抽出物イノーノータズ・オブリクァズのHT-29ヒト結腸癌細胞に対する抗腫瘍活性” ファイトセラピーの研究23.12(2009):1784-1789。

ニング・クシアンビン「チャイナ薬用キノコ由来の多糖類抽出物(高担子菌)のヒト神経細胞腫細胞増殖への阻害作用」国際キノコ雑誌16.1(2014)

ヤン・ミャング・ヤー「メラノーマB16-F10細胞におけるアポトーシスの誘導によるイヌンタウルスの水抽出物の潜在的な抗癌特性」民族薬理学の記録121.2(2009):221-228

翻訳元サイト:Chaga Mushrooms And Cancer: What Does The Science Say?
https://chagahq.com/chaga-mushroom-cancer/

チャーガ

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう