冬の大敵!インフルエンザ予防にはカバノアナタケ茶

秋から冬にかけて流行するのがインフルエンザ。そんなインフルエンザ予防のためにできることは6つ。予防接種、手洗い・うがい、マスクの着用、適度な湿度、栄養・休眠、そしてカバノアナタケ茶を飲むことです。

インフルエンザ・風邪を予防するためには、カバノアナタケ茶を摂取するのが1番。今回はカバノアナタケがインフルエンザ予防に効果的な秘密とおすすめの飲み方を大紹介します。

インフルエンザとは?

インフルエンザは毎年冬になると大流行する病気です。インフルエンザは、風邪とは異なりますが、具体的にどう違うのかご存じですか?インフルエンザと風邪の違いは以下の表のとおりです。

風邪 インフルエンザ
発症時期 1年を通じて発症 冬に大流行する
主な症状 上気道症状 全身症状
症状の進行スピード ゆるやか 早い
発熱 微熱(37~38℃) 38℃以上
主な症状 くしゃみ

頭痛

のどの痛みなど

頭痛

のどの痛み

せき

倦怠感

関節痛

筋肉痛

インフルエンザにしても、普通の風邪にしても免疫力が弱まっている時にかかりやすくなります。インフルエンザを発症させるウイルスは、主に3タイプ。A型、B型そしてC型ですね。

冬にインフルエンザが流行する理由の1つに、乾燥した気候を挙げることができます。インフルエンザの原因となるウイルスは乾燥した気候が大好きです。

乾燥した気候では、人間は免疫力や保護機能が低下し、ウイルスは力強く生きる。これが原因で、インフルエンザは秋ごろから発症し始め、冬には大流行するのです。

基本的なインフルエンザ予防

インフルエンザの基本的な予防方法は5つあります。予防接種を受ける、手洗い・うがいをする、マスクを着用する、湿度を保つ、そして栄養・休眠をしっかりとることです。ここからは5つの予防法を詳しく紹介します。

1.予防接種

毎年インフルエンザの予防接種を受ける方も多いのではないでしょうか?インフルエンザの予防接種効果が発揮されるまで、約2週間程度かかると言われています。

予防接種の目的は、インフルエンザにかからないようにするためと考えている方は多いです。しかし、予防接種を受けてもインフルエンザを発症することはあります。予防接種の目的は、インフルエンザの症状を重症化しないことです。

妊婦もインフルエンザの予防接種を受けることは可能ですが、卵アレルギーの方はできない可能性が高いです。また予防接種を受けることで、軽度から重度までの副作用を発症する可能性もあります。

2.手洗い・うがい

インフルエンザの最大の予防方法が手洗い・うがいです。基本的なことですが、意外とできていない方も多いのでは?外から帰宅したら、必ず手洗い・うがいをしてウイルスを洗い流しましょう。

3.マスクの着用

インフルエンザの特徴に、飛沫感染するというものがあります。他人のくしゃみやせきでウイルスが自分に感染する可能性があるのです。飛沫感染を防ぐ方法は、マスクを着用するのが1番です。人ごみの多い場所に行くときには、必ずマスクを着用しましょう。

4.湿度を保つ

インフルエンザウイルスは乾燥が大好きですが、湿度は嫌いです。乾燥しがちな室内は、冬場には加湿しましょう。また定期的に換気をして、空気を入れ替えることも大切です。

5.栄養・休眠をしっかりとる

インフルエンザ予防で大切なことは、免疫力を保つこと。冬は免疫力が落ちがちですが、栄養のある食べ物をたくさん食べて、十分な睡眠をとって免疫力アップしないといけません。

カバノアナタケがインフルエンザに効果的な理由

インフルエンザや風邪を予防するために大切なのは2つ。免疫力を付けること、そしてのどを潤った状態にしておくことです。のどが潤った状態にしておくことで、インフルエンザや風邪の原因となるウイルスが体内に侵入するのを防ぐことができるのです。

のどを潤わせつつ、免疫力向上が期待できる方法でお茶を飲むというものがあります。普通のお茶でも殺菌効果とのどの潤い効果を期待することができますが、免疫力の向上にはそれほど期待ができません。

スーパーフードの王様と呼ばれるカバノアナタケで作ったお茶では、のどを潤すだけではなく、免疫力を大きく高める効果もあります。健康効果で言うと、カバノアナタケは他のスーパーフードとは比べ物にならないほど高いパフォーマンスを発揮します。

カバノアナタケには、たくさんの健康効果がありますが、今回紹介するのは2つ。強力な抗酸化作用と免疫システム調整能力です。カバノアナタケの健康効果については、他の記事でも解説しているので、ぜひ参考にしてください。

1.抗酸化作用

カバノアナタケは非常に強力な抗酸化作用を持つ食材として有名です。食物の抗酸化作用はORACというスコアで測られます。

収穫地や加工方法などによってカバノアナタケのORAC値は変わりますが、最低でも100グラム当たり146,700という高いスコアを出しています。参考までに言うと、同じくスーパーフードのアサイーが102,700、ココアが80,933です。

アサイーも、ココアもORAC値が高い食品として知られていますが、カバノアナタケは2つの食品を優に上回っています。「じゃあ、ORACスコアが高い(=抗酸化作用が高い)とどういいの?」と疑問に思っている方も多いはずです。

抗酸化作用は、美容にも健康にもよい効果を発揮します。私たちの体内には、活性酵素というものがあります。活性酵素は、正常な細胞を傷つけ、老化や生活習慣病、そしてあらゆる病気を引き起こすのです。健康・美容に悪影響を与える活性酵素を取り除く効果を抗酸化作用と言います。

抗酸化作用が高い食品を摂取することで、活性酸素を効率的に除去することができます。そして、カバノアナタケほど抗酸化作用が高い食品は、他にありません。

カバノアナタケを摂取することで、病気の予防ができる、美しい髪・肌を手に入れることができるのです。

2.免疫システム調整能力

カバノアナタケには免疫力を高める効果だけではなく、過剰に反応しすぎた免疫システムを抑制する効果もあります。インフルエンザや風邪から体を守るためには、強い免疫システムを持つことは必須の条件です。

チャーガにはカルシウム、マグネシウム、鉄分、ミネラル、そしてビタミンなどが豊富に含まれています。チャーガの免疫力向上作用は非常に高いです。さらに免疫抑制機能も注目です。

免疫が過剰に反応している時は、主にアレルギー症状が出ているとき。花粉症、ぜんそく、アトピー性皮膚炎もアレルギーなので、カバノアナタケを摂取することによって症状の改善を行うことができます。

多くの専門家は、カバノアナタケを摂取することで常に正常な免疫機能を保つことができると考えています。免疫力が低下しがちな冬には、毎日カバノアナタケ茶を飲むのが理想です。

インフルエンザ・風邪予防におすすめのカバノアナタケ茶の作り方

カバノアナタケ茶は、他の健康茶と比較すると、風味がよく飲みやすいお茶です。ナッツの香ばしい香りを感じることができるという方も多数います。そんなカバノアナタケ茶は、毎日の飲み物にピッタリです。

カバノアナタケ茶を飲む理想の頻度は、1日に3~4杯です。食事と一緒に飲んだり、リラックスするために飲んだりしてください。インフルエンザ・風邪予防のために飲む場合は、レモンやはちみつを加えると効果的ですね。

まとめ


カバノアナタケ茶は、インフルエンザ・風邪予防にはぴったりです。高い抗酸化作用と免疫力調整システムは、あなたの体を冬の間でも強く、美しくしてくれるでしょう。

定期的に運動して、十分な休養を取って、そしてカバノアナタケ茶を飲む。これだけで、インフルエンザ予防は完璧です。


ニックネーム:おっくん
プロフィール:アルゼンチン移住生活中。ライター、英語・スペイン語の翻訳家として活動しています。本場のマテ茶にはまって以来、美容・健康茶に大はまり。

参考

http://chagaproducts.co.uk/take-vitamins-and-probiotics/

https://healthyfocus.org/9-proven-benefits-of-chaga/

https://www.superfoodly.com/orac-value/chaga-mushrooms/

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう