アレルギーにも効果のあるカバノアナタケ!花粉症や喘息もカバノアナタケでへっちゃらに

花粉症や喘息などのアレルギー反応に悩んではいませんか?アレルギー疾患は、なかなか治癒することができません。そのため、長年苦しむ方が多いです。花粉症、アトピー、喘息などの辛いアレルギー症状は治したい、最低でも症状を緩和したいですよね。

漢方や処方薬を飲んでも、アレルギー疾患が改善しないという方はカバノアナタケを試してみてください。現在大注目を集めている幻のきのこカバノアナタケには、アレルギー疾患にも効果的なのです。

アレルギーはなんで起きる?

アレルギー疾患にかかる日本人の割合が増加していることはご存じですか?アレルギー疾患には花粉症、アトピー性皮膚炎、喘息などが含まれます。そもそも何でアレルギーは起きるのでしょうか?

アレルギーの正体は、過剰な抗原抗体反応です。抗原はアレルギーの原因となる物質で、抗体は体内に侵入した抗原をやっつけるたんぱく質の一種。抗原が抗体と結合したとき、様々なアレルギー反応を起こすのです。

抗原が抗体とひっつくと、化学物質が放出されます。この化学物質が血管を刺激して、粘膜が過敏になります。すると鼻水、かゆみ、涙などのアレルギー症状が起きるのです。

以上が簡単にですが、アレルギー反応が起きる仕組みの説明です。ここからは花粉症と喘息が起きる仕組みを詳しく見ていきましょう。

花粉症が起きる仕組み

アレルギーを起こす抗原のことをアレルゲンと言います。花粉症を引き起こすアレルゲンは花粉ですよね。花粉が体内に侵入することで、アレルギー反応が起きるのです。

花粉が体内に侵入すると、体は異物が侵入してきたとみなし、花粉を退治するために抗体を作り出します。この抗体はIgE抗体と呼ばれ、肥満細胞に結合します。Ige細胞が結合した抗体は、花粉が体内に侵入するたびに増加します。

そして花粉に反応して、ヒスタミンなどの化学物質を放出するのです。この化学物質が目のかゆみや鼻水などの花粉症反応を引き起こすのです。

喘息が起きる仕組み

ゼイゼイと息がしづらくなる喘息もアレルギー反応の一種です。喘息はアレルギー反応が引き起こす、気道の慢性的な炎症反応のことです。

喘息を引き起こすアレルゲンはダニ、HD、花粉など様々です。それに加えて、天候、疲労、ストレスなどの要因が喘息を引き起こすきっかけとなります。

喘息が起きる仕組みも花粉症とよく似ています。抗原が侵入して、抗体が化学物質を放出します。花粉症の場合は、化学物質は目や鼻の粘膜を刺激しましたが、喘息の場合は気管を刺激するのです。

気管が刺激されると、気管支表面にある筋肉が収縮します。すると気管支の内側の粘膜も収縮して、炎症が生じるのです。結果的に、痰の量が増えて、呼吸がしづらくなります。これが喘息の起きる仕組みです。

免疫力が低下するとアレルギー性疾患になりやすくなる

アレルギー性疾患は免疫力の過剰反応が原因です。言い換えれば、免疫力が正常に働いていないということです。免疫力が正常に働かない理由の一つに、免疫力の低下が挙げられます。

免疫力が低下すると風邪や病気にかかりやすくなるだけではなく、アレルギー性疾患になりやすくなる、もしくはアレルギー性疾患の症状が悪化します。

免疫力が低下することによって、免疫が必要以上に反応を起こしていまい炎症が発生してしまいます。アトピー性皮膚炎、花粉症、喘息、関節リウマチなどもアレルギー反応の炎症が原因で起こるのです。

つまり、免疫力を高めることがアレルギー性疾患の症状を発生させない、症状を悪化させないカギとなります。

カバノアナタケがアレルギーに効果的な理由

アレルギー症状を抑える・緩和させるためには免疫力を調整することが大切でしたね。免疫力が低下しているときには、症状が発症・悪化しやすくなり、症状が発症しているときは免疫力が過剰に反応しているということでした。

免疫力を高める食べ物はたくさんあります。しかし、多くの食べ物が免疫力を高めるだけなのです。これではアレルギー発症・悪化の予防はできても、発症した際に症状を抑えることはできません。

カバノアナタケは免疫力を高めるだけではありません。カバノアナタケがアレルギーに効果的な理由は、免疫機能を調節する働きがあるからです。つまり免疫力を高めることはもちろん、過剰反応しているときには正常な状態まで戻してくれるのです。

免疫機能を正常に戻すという働きが、カバノアナタケの最大の特徴です。そのため、アレルギー予防目的にカバノアナタケを摂取するのはもちろん、発症した後に摂取することで症状を悪化させることなく、素早く症状を抑えることができます。

花粉症の方はシーズン前から飲み始めましょう

アレルギー症状といっても年中出るという人は少ないはずです。どのアレルギーにも発症しやすくなるシーズンというものがあります。例えば、花粉症ならば春に発症しますよね。他の季節には発症しません。

もしあなたが年中アレルギー症状に苦しんでいるのならば、カバノアナタケは年中摂取するのがベストです。しかし、もし特定の時期にだけアレルギー症状が発症して、あるていど発症時期を予測できるのならば年中カバノアナタケを摂取する必要はありません。

その場合には、発症が予測される1~2か月前からカバノアナタケを摂取しましょう。1~2か月前から摂取することで、アレルギー予防を万全にすることができます。

例えば花粉症の方の場合は、シーズンが本格になる前、つまり2月頃からカバノアナタケを摂取するのが望ましいです。

喘息・アトピー等のアレルギーが発症しやすいのは秋~冬

花粉症は春に発症するアレルギーですが、喘息やアトピー性皮膚炎をはじめとする多くのアレルギー症状は秋から冬にかけて発症しやすいです。

寒い冬になると、室内は閉め切りがちです。換気回数が少なくなった結果、室内には悪い空気がただよいます。汚れた空気を吸うことによってアレルギー性鼻炎や喘息が起こりやすくなります。

また冬には肌が乾燥してしまいます。肌が乾燥するということは、肌のバリア機能が低下するということ。つまりアトピー性皮膚炎が発症する可能性が大いに増えるということです。

アレルギー症状を持っている方は秋から冬にかけて油断することはできません。予防の意味でも夏ごろから、そして冬が終わるころまではカバノアナタケを摂取し続けましょう。

カバノアナタケは料理に入れたり、コーヒーに入れたり、そしてお茶として飲むことも可能です。手軽に摂取できるので、毎日頑張って続けてみてください。

まとめ

カバノアナタケがアレルギーに効果的な理由は、その優れた免疫機能調整効果です。特に大きな副作用が起きたという報告もされていないので、安心して摂取していただくことができます。

漢方や薬とは違い味がよく、子どもでも無理なく飲むことができるのも大きな魅力の1つです。今までアレルギー症状に苦しんできた方は、ぜひカバノアナタケを試してみてください。


ニックネーム:おっくん
プロフィール:アルゼンチン移住生活中。ライター、英語・スペイン語の翻訳家として活動しています。本場のマテ茶にはまって以来、美容・健康茶に大はまり。

参考

http://developinghealthyhabits.com/anti-allergy-benefits-of-reishi-and-maitake-mushrooms/

https://www.annandachaga.com/pages/chagahealthbenefits

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう