再発率50%の水虫。カバノアナタケ茶で水虫を改善できる3つの理由

日本人の4人に1人が水虫になると言われています。日本の高温多湿の環境では、誰もが水虫になる可能性があります。

水虫の原因はカビ。カビが皮膚に感染することで水虫が発症するのです。そんな水虫を予防する方法はいくつかありますが、おすすめはカバノアナタケを摂取することです。

今回は水虫の原因と予防方法、そしてカバノアナタケが水虫に効果的な理由まで解説いたします。

水虫の原因

そもそも水虫は何が原因で起きるのでしょうか?水虫が起きる原因は、白癬菌というカビの一種です。このカビが足の角質層に寄生することで起きるのが水虫。

白癬菌は足以外にも寄生することがあります。そのため手や足にも水虫の一種が発生することがあります。しかし、白癬菌の9割以上の寄生先は足です。

カビは湿気を好みますよね。高温多湿の環境はカビにとって生きやすい場所です。

そんな高温多湿の場所が足。一日中靴を履いたままでいると、足が蒸れてカビにとって完璧な環境を作ってしまいます。だから、一般的に水虫は足にできる病気です。

水虫は感染する病気です。水虫に感染した人から落ちた角質層を踏むとカビが感染してしまいます。

感染してもカビを落とすことができれば、水虫になることはありません。カビが落ちずに足に感染し続け、傷から角質層に入り込むと水虫になってしまいます。

基本的に水虫は毎日入浴して、足や体を清潔な状態にしておけば感染することはありません。つまり、清潔な状態にしておくことが最大の予防方法です。

湿気が多い日本では、1年を通じて水虫になる確率は高くあります。そのため、常に清潔な状態を保つように心がけましょう。

水虫の再発率は50%以上

画像引用元 http://www.miyawaki-clinic.jp/hihu-mizumushi/

水虫の再発率は50%もあります。一昔前は水虫は医療では完治できないと言われていましたが、現在では完治することができます。

しかし、多くの方がしっかりと完治しないまま治療を中断しているので、半分以上の方が水虫を再発しています。

水虫治療で大切なのは、白癬菌を殺すことです。塗り薬を使用すると、水虫の症状は収まります。しかし、症状が治まる白癬菌がいなくなった=水虫が完治した、というわけではありません。奥に潜む白癬菌が残っている可能性は非常に高いです。

また比較的乾燥する秋から冬にかけては、白癬菌は活動が収まります。つまり、水虫の症状も収まるので、水虫が完治したと勘違いする方が多いです。しかし、春から夏にかけては高温多湿の環境に戻るので、水虫が再発します。

水虫の原因となる白癬菌を完全に殺すのは困難です。だからこそ、水虫の予防を日ごろから行い、水虫に感染したら適切な治療を受ける必要があります。

水虫は免疫力も関係している

いくつかの研究により、水虫に感染する人にはある共通点があることが判明しました。以下が主な共通項目です。

・皮膚が薄くて弱い

・炎症体質

・腸内環境が整っていない

これら3つに当てはまると、水虫の感染リスクが高まります。この共通項目たちは、免疫力を落とす特徴でもあります。

皮膚が薄くて弱いということは、細菌やウイルスが簡単に皮膚から侵入することができるということです。水虫は皮膚から侵入して感染する病気なので、皮膚が薄いということだけで感染リスクは高いです。

また腸内環境が悪いということは、体内に侵入したカビを退治する力が弱まるということです。便秘の方はもちろん、そうでない方でも腸内環境が整っていない場合はあります。腸内環境を整えるためには、善玉菌を増やすようにしましょう。

善玉菌が増加すると、免疫力が高まるだけではなく、ビタミン合成の促進や感染防止効果も高まります。悪玉菌が減少して、善玉菌が増加すると体には嬉しい効果ばかりです。善玉菌は食事を意識するだけで増やすことができます。日常生活から意識するようにしましょう。

カバノアナタケは水虫予防も、治療もできる

吉粋 チャーガ塊

カバノアナタケ茶はがん、生活習慣病、老化、そして水虫などにも効果的な食べ物です。奇跡の食べ物とも呼ばれるカバノアナタケは、水虫予防にも、水虫治療にも効果的。ここからはカバノアナタケが水虫に効果的な理由を解説します。

1.免疫力調整機能

カバノアナタケには免疫力調整機能があります。免疫調整機能といえば、免疫力を高めるだけ、と思われがちですが、カバノアナタケには過剰に反応した免疫力を正常に戻す働きがあるのです。

水虫を予防するためには、免疫力を高める必要がありましたよね。皮膚が薄く弱い人でも、カバノアナタケを摂取することで、水虫にならない免疫力を手に入れることができます。

2.腸内環境を整える

カバノアナタケにはリグニンと呼ばれる水溶性食物繊維が含まれています。カバノアナタケに含まれるリグニンは非常に良質です。リグニンは水虫対策に必要な善玉菌を増加させ、腸内環境を整える働きがあります。

水溶性の食物繊維は栄養の吸収スピードを緩めるため、高血圧や高い血糖値を低下させる効果もあるのです。カバノアナタケのリグニンを摂取することで、体内に侵入してきた水虫の原因となるカビを退治することができます。

また先ほどの免疫力調整機能と合わせると、水虫治療を大きくサポートすることを期待できます。カバノアナタケだけを摂取しても効果はありますが、やはり適切な治療薬と組み合わせて摂取するのがおすすめです。

3.抗炎症作用

カバノアナタケは抗炎症作用や抗菌作用があります。マウスにカバノアナタケを注入した実験が行われました。実験の結果、マウスの炎症作用はカバノアナタケによって治まったことが確認されました。

この炎症作用は大きな注目を浴び、皮膚病、関節炎、そしてアトピー性皮膚炎などの治療薬として使用されています。もちろん水虫治療にも効果が期待できます。カバノアナタケエキスが配合したクリームなどがあるので、それを患部に塗るのもいいかもしれません。

カバノアナタケの摂取方法

カバノアナタケ(英語名 チャーガマッシュルーム)製品はお茶、粉末、化粧品などたくさんあります。水虫対策・治療目的ならば、カバノアナタケ茶を毎日飲用するのがいいでしょう。またカバノアナタケの粉末をコーヒーに入れてもいいですね。大切なのは毎日摂取できるようにすることです。

水虫治療には適切な治療薬が必要です。皮膚科などの医療機関を受診して薬を処方してもらいましょう。加えてカバノアナタケを摂取すると大きな効果が期待できます。

まとめ

再発率50%以上の水虫ですが、再発原因のほとんどはカビを完全に殺すことができなかったからです。水虫を完治させるためには適切な治療薬を使用することが大切ですが、それに加えてカバノアナタケを摂取するのがおすすめ。

免疫力調整機能、抗菌・抗炎症作用、そして腸内環境を整えるカバノアナタケは水虫治療をサポートします。手ごろな値段で、簡単に毎日摂取できるので、ぜひカバノアナタケの使用も検討してみてください。


ニックネーム:おっくん
プロフィール:アルゼンチン移住生活中。ライター、英語・スペイン語の翻訳家として活動しています。本場のマテ茶にはまって以来、美容・健康茶に大はまり。

参考URL

http://www.taoofherbs.com/articles/127/ChagaMushroomTea.htm

http://myrealchaga.com/home/information/benefits/

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう